マカオポーカー旅行記3日目「世界遺産でプチ観光編」

ハンドペイシティオブドリームズカジノ - 430047

マカオ旅行1日目を読んでいない方はこちらから。 マカオポーカー旅行記1日目「いろんなホテルへカジノホッピング編」 レートの安い韓国でカジノデビューを果たして早1ヶ月。年12月初旬、いよいよマカオポーカー旅行の日です。 まだまだヘナチョコだが韓国で実践を経験したん分、少しくらいの自信はついたつもりでいました。 所持金は45万円。 とりあえずコタイ地区のホテルの圧倒的な光量に驚きました。

マカオの一大リゾートエリア、コタイストリップにある憧れの高級リゾートホテルは伝統と気品をたたえた贅沢な空間

引用元: www。 世界最大級のSMモール・オブ・アジアから約5分の場所に位置しており、 マカオのコタイで大成功したシティ・オブ・ドリームス マカオ を手本に作られました。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

Hyatt City of Dreams Manila  ハイアット シティ オブ ドリームス マニラ。 当ホテル(日本語) 、 トリップアドバイザー(口コミ) 、 agoda(くちコミ) 、 expedia(ゲストレビュー) 、 4travel。 ソフトオープン年12月14日、正式開業年2月2日、客室数。 当ホテルは、マニラ最大級のカジノリゾート「シティ オブ ドリームス マニラ(COD)」の一角を占めています。CODには当ホテルの他、ノブホテル、クラウンタワーズホテルの3軒のホテルがありますが、ノブホテルは当ホテルと同価格帯で、建物やプールが当ホテルとつながっています。クラウンタワーズは当ホテルよりさらに高級で料金も高くなっています。3つのホテルの建物は片仮名の「コ」の字のような構造になっており、コの字の上の横棒がクラウン、縦棒がノブ、下の横棒がハイアットと考えるとわかりやすいです。 当ホテルは金色に輝く2棟のタワー(ハイアットウィング1とウイング2)で構成されています。当ホテルの正面入口の奥にはカジノがあり、正面右手がウィング1、正面左手がウィング2となっています。当ホテルのウィング1とノブホテルのサウスウィングは建物内でつながっていました。 ハイアットは米系の大手ホテル運営会社です。創立は年で、ジェイ・プリツカー(Jay Pritzker)がロサンゼルス国際空港に隣接するハイアット・ハウス・モーテルを購入したのが同社の起源となります。現在もプリツカー家がグループを運営しており、同家はアメリカを代表する富豪です。年6月現在、マニラのハイアットは当ホテルのみですが、第4四半期にグランドハイアットがボニファシオグローバルシティに開業の予定です。 なお、CODは、フィリピンの華人大富豪ヘンリー・シー氏が率いる「SMグループ」と、香港・豪州企業が共同出資しマカオでカジノを運営する「メルコクラウンエンターテインメント」の合弁会社「メルコ・クラウン(フィリピン)リゾートコーポレーション」が所有・運営を担っています。 当ホテルはニノイ・アキノ国際空港に近いマニラ首都圏パラニャーケ市のエンターテインメントシティ内にあるCODの中に位置しています。CODはマニラ湾沿いにあるリゾートワールド、ソレアに続く第三の大型カジノ施設です。CODの敷地内には、ホテルやカジノに加えて、ハリウッドのドリームワーク アニメーションが提供する世界初の家族向けエンターテインメントセンター「ドリームプレイ」があります。また、高級感の漂うショップやレストラン等もありますが、あまり気楽に利用できるような感じではありません、CODの敷地外に出てもだだっ広い埋立地があるだけで、周辺にファーストフードやコンビニ等はありませんが、無料のシャトルバスを利用してSM Mall of Asia(MOA、モール・オブ・アジア)に行くと(CODからの所要時間は約5~10分、「11。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*