IR議連、カジノの日本人客規制案を了承

日本人に人気カジノ議連 - 616239

企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 詳しくはこちら。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

国際観光産業振興議員連盟 (こくさいかんこうさんぎょうしんこうぎいんれんめい)は、 カジノ に否定的な3党( 社民党 、 共産党 、 れいわ新選組 )を除く 日本 の超党派 国会議員 による 議員連盟 [1] 。略称: IR議連 。 年 4月14日 に参加者74人で発足した [2] 。 カジノ の合法化による観光産業の振興を行うと同時に、 パチンコ の換金合法化を目的として発足 [2] [3] 。参加議員は現在名 [4] [5] 。 カジノ導入に向けての動きは、 年 年明けにも起こり、 民主党 は超党派の国際観光産業振興議員連盟が検討している、カジノを核とした 特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律 案(IR推進法案)を内閣部門会議で 1月31日 に了承した [6] 。

国際観光産業振興議員連盟

第1条(目的) 特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律第5条の規定に基づく法制上の措置として、適切な国の監視及び管理の下で運営される健全なカジノ事業の収益を活用して地域の創意工夫及び民間の活力を生かした特定複合観光施設区域の整備を推進することにより、我が国において国際競争力の高い魅力ある滞在型観光を実現するため、特定複合観光施設区域に関し、国土交通大臣による基本方針の作成、都道府県等による区域整備計画の作成、国土交通大臣による当該区域整備計画の認定等の制度を定めるほか、カジノ事業の免許その他のカジノ事業者の業務に関する規制措置、カジノ施設への入場等の制限及び入場料等に関する事項、カジノ事業者が納付すべき国庫納付金等に関する事項、カジノ事業等を監督するカジノ管理委員会の設置、その任務及び所掌事務等に関する事項その他必要な事項を定め、もって観光及び地域経済の振興に寄与するとともに、財政の改善に資することを目的とする。

カジノ第1号は大阪・沖縄・横浜 IR議連総会、ガイドラインを了承 (2/2ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)

A4 2.

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*