高須クリニックの高須院長がカジノで大勝ちしてロールスロイスを即決購入!カジノ法案にも言及。

日本のカジノ法案ロットシリーズ - 993301

カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法 が20日夜の 参院本会議 で、 自民、公明の与党と日本維新の会の賛成多数で可決、成立 した。 カジノ実施法の成立により、 刑法の賭博罪にあたるカジノ について、 国内に最大3カ所の設置が例外的に認められる ことになる。 ギャンブル依存症対策として、入場料を「6千円」とし、「28日間で10回」といった入場回数制限 も盛り込まれた。 カジノ実施法が成立 最大3カ所で設置可能に 朝日新聞デジタル 年7月20日 21時31分。

カジノ法案の基礎知識から最新情報まで全てがわかる!

名前:高須克弥(たかすかつや) 生年月日:年1月22日 出身地:愛知県西尾市 世の中のさまざまな話題に提言していくシリーズ企画「かっちゃんに訊け!! 出典: NEWSポストセブン。

全てがわかる!カジノ法案 横浜だけじゃない!IR推進法案は背筋も凍る売国法案だ!!山本太郎とたつみコータローが怒りの解説

テレビCMでもよく見かける高須クリニックの高須克弥院長

シンガポールで国のシンボルの様な観光スポットとして、観光客や税収・雇用に関しても大成功を収めているIR「マリーナ・ベイ・サンズ」。日本でもカジノが出来上がった際に、最も参考にすべき施設ですが、それに最も近い立地と言われる横浜市のマリーナエリア「みなとみらい」へのカジノ誘致がいよいよ本格化してきている。 一時は、山下ふ頭への立地計画を進め、完成図や構造を進めていた横浜市ですが、ギャンブル依存症への懸念を強める住民の反対や、選挙への影響などもあり、一時白紙状態となっていましたが、再度動き始める事がわかった。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*