実践向き『ココモ法』の破壊力がスゴイ!あの必勝法の“進化版”といわれるココモ法の使い方と実績をご紹介

確率事象ブラックジャック実践 - 860836

このようにブラックジャックの場合は、それ以前のゲームの結果や状況が次回ゲームの確率や期待値に影響を及ぼします。このようなゲームを「 従属事象 のゲーム」といいます。

【勝ち方】ブラックジャックの勝率を上げるベーシックストラテジーを解説します!

パーレー法 は逆マーチンゲールとも呼ばれているカジノの戦略です。戦略や必勝法のことを ベッティングシステム と呼びますが、種類もいくつかあります。例えば代表的なのは 「負けたらベット額を上げる方法」 いわゆる 「マーチンゲール法」 というのが方法の基本とされています。今回ここで紹介するのは、 逆マーチンゲール法 と呼ばれる方法、 パーレー法 についてです。 逆マーチンゲール法と呼ばれているだけあって、「負けたらベット額を上げる」の逆、つまり 「勝ったときにベット額を上げる」 方法のことです。これは、勝ったときのみにベット額を上げる方法を用いることによりリスクが小さく、勝利金を増やせる可能性を見込めるベッティングシステムのことを指します。 パーレー法はなんと ブラックジャックでとっても活躍する必勝法 なんです!上記のおすすめカジノで是非 実際に プレイしてみて下さい!! パーレー法は勝ち続けた場合であっても、1回でも負けた場合は損となります。どこかの時点で1単位に戻し、勝った分をしっかりと自分のものにする必要があります。あらかじめ、自分で「8回勝ったら降りる」というように、予定を立てておくことをおすすめします。 稀に大勝ちをする というメリットがありますが、理論上、勝ち続けることは基本的に不可能なのです。 どのカジノでも、1回のゲームに賭けることができるベット額が決められています。専門用語では、最低賭けなければいけない額を ミニマムベット 、最高金額は マキシマムベット と呼ばれています。テーブルリミットは通常ドル前後とされていますが、VIPプレイヤーはドル以上賭けることも許されているところもあります。

パーレイ法(逆マーチンゲール法)ってどんな攻略法?

そしてその勝負は、個々のプレーヤー(自分を含めた他の一般の客)とディーラー(カジノ側のスタッフでトランプを配る人)との 1対1 の対戦形式で勝敗が決められる。つまりプレーヤー同士(客同士)は互いにまったく関係ない。 超初心者読者のために、もっと具体的にわかりやすく説明するならば、Aさん、Bさん、Cさんが着席しているブラックジャックテーブルにおいて、あなたも参加して合計4人でプレーすることとなった場合(ディーラーも含めると5人)、対戦は、Aさんとディーラー、Bさんとディーラー、Cさんとディーラー、そしてあなたとディーラーがそれぞれの手で勝負することになり、参加者同士は対戦相手ではないので、互いの手はまったく関係ない。  とにかくわかりやすい単純なゲームなので、まずは恐れずに参加してみるとよいだろう。以下は参加の手順だ。 この 「賭け金を決める」 という動作は、自分の目の前のテーブル上の指定された位置(多くの場合、丸や四角、もしくはそのカジノのロゴなどが描かれている場所)に賭け金を置くという行為で、それがゲームへの参加の意思表示となる。

従属事象のゲームの利用

マーチンゲール法が「守り」の作戦であれば、 逆マーチンゲール法とも呼ばれるこの攻略法は「攻め」の作戦 と言えるでしょう。 それが 「パーレイ法」 です。 パーレイ法の特徴としては、連勝することができれば大金をゲットできるという特徴があります。 勝った時にベット額を倍にするということは、今までの勝ち金を全てベットしていくということになります。 勝てば勝つほどベット額が大きくなり、儲けも大きく なるものの、1度でも 負けてしまうと勝っていた分をすべて失くす ことになります。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*