カジノ解禁2020年までの見通し立たず―内閣官房IR特命チーム凍結 - 政治・選挙プラットフォーム【政治山】

新世代ギャンブル大阪のカジノ - 432008

暴走する千代松市政を民主的にチェックし、是正させることを目的として、「 泉佐野市政をよくする市民連絡会」(以下市民連絡会) を結成して6ヶ月が経った12月15日(日) 、生涯学習センター多目的室にて、市民連絡会主催の第3回「泉佐野市政について語るつどい」が開催され、79名の参加者があった。

大阪府市(行政)IR事業

IR実施法の成立後、自治体(都道府県、政令指定市)は、事業者選定およびIR整備計画策定のプロセスに入る。 年前後、政府は、第1サイクルの区域認定(自治体からの区域認定申請の受付、選定)を実施する見通し。 大阪府 該当ページおよび申し込みフォーム 大阪府:平成30年度「知る、分かる、考える、統合型リゾート(IR)セミナー」(第3回・第4回)を開催します。 関西経済連合会 ・年にIR誘致のスタンスを表明 ・年2月、関西広域観光戦略を策定し、そこにカジノを含む統合型リゾート(IR)の活用を盛り込み。年度事業計画において、IR誘致を重要テーマと位置付けた ・年11月、森詳介会長(関西電力相談役)は、早期のIR推進法案の成立を要望 ・万博とIRがセットしたことで、誘致の方針が強固に ・年5月、松本新会長 松井知事と対談「IRやるべき」 初めて推進の立場を明確に ・年11月、松本正義・会長が第4次安倍内閣発足にコメントを発表 「特に、IR実施法の早期成立等を通じた観光先進国の実現と、年国際博覧会の誘致獲得を期待」 ・年1月5日、松本正義・会長(住友電気工業会長)が年度の第3期中期計画を発表 ・5つの基軸は、(1)グローバル・アジア(2)産業・イノベーション(3)スポーツ(4)地方創生(5)文化/観光  「文化/観光」の取り組みの柱は、大阪市夢洲への年万博、IRの誘致  「夢洲IRは、スポーツ施設、スポーツ振興を。ボクシングの世界戦も考えられる」。

この特集・連載の目次

次に、シンガポールの「マリーナ・ベイ・サンズ」。3つ並んだ57階建てホテルの屋上に、長さ300メートル、ジャンボジェット機4機が入る船のような形の広場が設置されている、極めてユニークな外観の施設です。8年前の2010年に開業し、年間4500万人が訪れるということです。 運営事業者によると去年1年間の売り上げは、31億5400万ドル。日本円に換算して3300億円余りです。 現在、IRの整備に向けた自民党のプロジェクトチームで座長を務める岩屋毅衆議院議員に話を聞きました。 「日本では、小泉政権のころから『カジノを作りたい』という声が地方自治体から出ていた。しかし、ギャンブルを禁止している刑法に風穴を開けるのはハードルが高く、政府は門前払いをしていた」。

誘致レース(634)大阪府市=24日 RFC要項公表。秋からRFP 20年春に業者決定~日経

ダブル選, 都構想住民投票の結果は、IR誘致モメンタムに影響も ・大阪府市のIR誘致の政治面の原動力は、大阪維新の会の安定、イニシアティブ、官邸との交渉力とされる ・前回、都構想住民投票は、年5月に僅差で否決され、IRに関わる行政作業が停止した経緯がある。その後、11月のダブル選の維新の圧勝で、IR作業が再開 ・自民党・大阪エリアに強い影響を持つ二階俊博・幹事長は、維新主導によるIR構想に批判的 <府議会, 市議会の情勢> ・大阪維新の会は、府市両議会で第一会派であるが、過半数に届かず。住民投票の実施には、公明党の協力が必要  大阪府議会=議員定数88, 大阪維新の会40, 自民党26, 公明党15  大阪市議会=議員定数86, 大阪維新の会34, 自民党21, 公明党19 <任期満了日>  大阪府知事=年11月26日  大阪市長=年12月18日  大阪市議会議員=年4月29日  大阪府議会議員=年4月29日。 関西経済連合会 ・年にIR誘致のスタンスを表明 ・年2月、関西広域観光戦略を策定し、そこにカジノを含む統合型リゾート(IR)の活用を盛り込み。年度事業計画において、IR誘致を重要テーマと位置付けた ・年11月、森詳介会長(関西電力相談役)は、早期のIR推進法案の成立を要望 ・万博とIRがセットしたことで、誘致の方針が強固に ・年5月、松本新会長 松井知事と対談「IRやるべき」 初めて推進の立場を明確に ・年11月、松本正義・会長が第4次安倍内閣発足にコメントを発表 「特に、IR実施法の早期成立等を通じた観光先進国の実現と、年国際博覧会の誘致獲得を期待」 ・年1月5日、松本正義・会長(住友電気工業会長)が年度の第3期中期計画を発表 ・5つの基軸は、(1)グローバル・アジア(2)産業・イノベーション(3)スポーツ(4)地方創生(5)文化/観光  「文化/観光」の取り組みの柱は、大阪市夢洲への年万博、IRの誘致  「夢洲IRは、スポーツ施設、スポーツ振興を。ボクシングの世界戦も考えられる」。 関西経済同友会 ・長年、代表幹事が積極的に、政府、大阪府・市に対して、IR法整備と大阪市への誘致の働きかけ続けてきた ・関西MICE・IR推進委員会(委員長=福島伸一 大阪国際会議場 取締役社長)が提言 ・年11月、「4分科会提言~『募集要項』に盛り込むべき事項~」「日本で採用すべきギャンブル依存症対策」 ・年11月、「平成29年度予算・税制改正大綱に望む~成長戦略と財政再建を着実に実行し、次世代に引き継ぐ国創りを~」。年以来、三年連続でIR実現を提言 ・年6月、「緊急要望:真に地域経済の振興に寄与するIR実現に向けて ~IR実施法案策定に求める4項目~」 ・年8月、「Well-Being新産業創造と世界最高水準の日本型IRに向けた 夢洲まちづくりへの提言」 ・年11月、両代表幹事による緊急提言「新政権に望む」発表。年万博前にIR開業できるスケジュール実現を要望・提言 ・年1月初、鈴木博之・関西同友会代表幹事  「IR誘致は有効な政策」  「(カジノ部分について、)ギャンブル依存症などの問題にしっかり対応すれば、経済的なメリットは大きい」  「カジノ税収の半分を地域に還元すれば、文化振興や教育問題に充てられる」。 大阪商工会議所 ・年11月、大阪商工会議所の尾崎裕会頭(大阪ガス会長) 「大阪の街の活性化、発展につながる施設なら、積極的に受け入れていきたい」 「大商にもいろいろな意見がある。(依存症対策など)市の具体的な考えを聞ければ、もう一度議論したい」 ・年9月、大阪商工会議所の尾崎裕会頭(大阪ガス会長) 「賛成、反対を決めるのはふさわしくない」 「IR事業者、行政、経済界が協議できる場が必要」 「事業計画、(開業後の)評価に大阪経済界が関与できるようにすべき」 「地元中小企業からの調達率の設定、広域的な経済効果の創出が必要」 ・年11月、立野純三・副会頭(ユニオン・社長)は、就任時にIR誘致に強い意欲を表明 「(IRについて、)ぜひ進めたいと思う」 ・年1月初、尾崎裕会頭(大阪ガス会長)  「(万博誘致とIRの)連動が必要か分からない」 ・年3月、吉田昌功氏(近鉄グループホールディングス社長)が副会頭に就任。IRには前向き。 カジノIRジャパン関連記事: ・日本各地の動向 IR誘致レース~各地における政治、行政、経済界の動向。3ヵ所の席を巡る競争(年12月~) ・大阪府の動向 IR誘致レース~大阪府の動向。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*