【50代中高年・シニアのためのプログラミング】ど〜しても独学でプログラミングに挑戦したい人のための学習ガイド :挫折ポイント解説付

最小限にしながら勝スクラッチゲーム - 554917

生産性の向上、労働時間の短縮といった視点で働き方改革が求められているが、制度やツールの導入に注力して肝心なポイントをおろそかにしてはないだろうか。肝心なポイントとは従業員の大半が使用している会社支給の標準PCだ。高額なPCを全社員に支給できればベストだが、もちろん限られた予算の中で点満点のPCを全社員に提供することは現実的ではない。つまり、これからの時代に求められる要素をしっかり理解したうえで、パフォーマンスを最大化させるPCを適切に選択・支給することが情報システム部門ならではの働き方改革支援と言えよう。そこで今回の記事では、これからのビジネスパーソンがPCに求める要素をアイ・ティーアール(以下、ITR の調査レポートを参照しながら展望していく。

行政のサービスって、なんであんなに使いにくいの?

結論からいうと、私は独学はオススメしません。 しかし今回はあえて、「もし私が独学するとしたらどのような方法を取るだろうか?」という視点でその勉強方法とよくある挫折ポイントをご紹介したいと思います。 誰でも身につけられる簡単なものですので、是非身につけておきましょう。 この知識やスキルが後々、プログラミングを勉強する際の土台となります。PCやインターネットの使い方ができていないと、本来プログラミングとは関係のないトラブルやエラーが頻繁に発生して、なかなか本来のプログラミングの勉强が進まない、ということは非常によく起こります。 スマホが苦手な作業として、ワードやエクセルなどで作業をおこなうことと、そのファイルを整理して保存すること、があげられます。またネットからダウンロードした画像やアプリを後からでも見れるように整理しておくことも苦手です。この作業はプログラミングの勉強の際に、頻繁に行ないます。例えば、以下のような作業です。 この作業をイメージできますか?

Related Links

分かります。聞きたいですよね。 そんな方にオススメなのが、今年のサミットの目玉コンテンツ4連発! そうですよね。使いにくいですよね。 でも、使いにくいのには理由がある。そして、それを変えようと奮闘する人たちがいる。現場のぶっちゃけトークをぜひ聞いて、どう良いものを作っていくかともに考えましょう! 私もエンジニアでもデザイナーでもないので、分かります。気後れしますよね… そんなシビックテックのイベントに初参加で不安がいっぱいの方にオススメなのがこちらのプログラムです!

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*