クラップス‐ルールや戦略、マナーを徹底解説

カジノホテル情報アイスホッケーベット - 218338

スポーツブックではスポーツベットができ、プロスポーツやカレッジスポーツ、ボクシング、ゴルフなど様々なスポーツに賭けることができる。カジノ内のスポーツブックコーナーは、スポーツベットの申し込みや払い戻しを行う場所であり、会場そのものは単に窓口と、配当倍率や勝敗結果などを表示するディスプレイ、それに試合を実況するテレビがあるだけだ。 そういう意味においては、キノの会場と造りはよく似ているが、広さや活気という意味においてはまるで違う。特にビッグイベント、たとえばボクシングのタイトルマッチ、スーパーボウル、ワールドシリーズ、マーチマッドネス (3月の行われるNCAA学生バスケットボール) などが実況中継されている際の会場の熱気と興奮はほとんどお祭り騒ぎの状態で、賭けに参加しているいないにかかわらず、その光景は一見の価値があるだろう。 ただ、このスポーツブックは、いつもにぎわっているわけではなく、賭けの対象がスポーツであるが故に、対象となるスポーツの中継が終了したあとは、誰もいなくなってしまい、むしろキノ会場よりも寂れてしまう。

[特集]スポーツとカネ

ラスベガス観光で最も重要なのは、 ホテル! カジノやプール、遊園地までが揃うラスベガスのホテルは、既成概念を覆すほど!?テーマパークとして 観光地 にもなり得るほどの規模で、旅行者を楽しませています。

カジノホテル情報アイスホッケーベット - 94670

関連記事(一部広告)

ラスベガスといえばカジノ、カジノといえばラスベガス。そんなラスベガスにやって来て本場のカジノをエンジョイしない手はない。  あまりのめり込みすぎるのも問題だが、せっかくはるばる日本からやって来たからにはぜひ楽しんで帰りたいものである。 ところが残念なことに、カジノにまったく興味を示さない日本人観光客も少なくない。  やりたくてもルールがわからない、英語に自信がないというのであればそれはそれで理解できるが、 「ギャンブルは罪悪だ」 、 「絶対に勝てないように仕掛けられている」 、 「どんなに小額でもカジノでおカネを失うのはバカバカしい」 など、勝手な誤解や偏見を持ち、せっかくの体験チャンスをみずから放棄してしまっている者が少なからずいる。(下の写真はラスベガスのカジノ街)。

カジノ合法化とIR導入はまたとないビジネスチャンス

本論に移る前に、事前知識として世界でどれほどスポーツベットが盛んに行なわれているか、シンガポールやラスベガス、アメリカ各地の事例をもって解説させていただきたい。 先日「不可解な判定負け」と報じられた、村田諒太のWBAミドル級王座決定戦。この試合は東京・有明コロシアムで行なわれたが、比較的重量の大きいクラスのタイトルマッチはラスベガスのカジノで開催されることが定番となっている。では、その理由はご存知だろうか? それは、「勝負ごとの好きな富裕層」というボクシングが抱えている顧客層が、カジノが積極的に誘致したい顧客層と重複していることに起因するものだ。 近年では、中量級のボクシングのタイトルマッチは、アジアにおけるカジノの一大市場であるマカオのカジノが積極的に開催誘致を行なっている。この種の大きな格闘イベントの興業主にとって、完全に「売り手市場」ができあがっているのだ。 格闘技のみならず、モータースポーツの世界でも同様のことが言える。マカオ、モナコ、そしてラスベガスと、世界には複数のカジノが集積するカジノ都市がいくつか存在するが、これらカジノ都市が同時にマカオGP、モナコGP、そしてNASCARと「モータースポーツの聖地」であることは偶然ではない。先にご紹介した格闘技と同様に、モータースポーツの抱える顧客もまたカジノが喉から手が出るほど欲しい「勝負ごとの好きな富裕層」に該当する顧客層であり、各カジノ都市はその種のモータースポーツイベントの誘致を積極的に行なっている。 我が国よりも先行する形でカジノ合法化を果たし、年に二軒の統合型リゾートが開業したシンガポールでは、それらの施設の開業に先駆け年からシンガポールGPが開催されている。当然ながら、これも同国のカジノ合法化と連動した動きだった。我が国においても格闘技やモータースポーツなどカジノと親和性の高いコンテンツを保有している興業主にとって、今回のカジノ合法化と統合型リゾートの導入はまたとないビジネスチャンスであるといえるだろう。

スポーツ産業はカジノ産業が支えます(by MGM社)

クラップスはラスベガスのみならず世界中のカジノにおいて、ブラックジャック、ルーレット、バカラと並び広く行われているゲームのひとつである。  特にここラスベガスでは、クラップスのワイワイ騒ぎながらやる独特な雰囲気がアメリカ人気質に合っているのか、少なくともルーレットよりも盛り上がっているように見受けられる。 一方、これだけ多くの日本人がラスベガスを訪れるようになった今日においても、このクラップスを本格的に楽しんでいる日本人観光客は極めて少ない。  単独で黙々と遊ぶルーレットやブラックジャックとは異なり、客同士がハイタッチしたりしながら楽しむこのクラップスこそ、最もラスベガスらしい華やかなカジノ体験として良き思い出となるはずなので、もっと日本人にも参加してほしいゲームのひとつである。 それと同時に、このクラップスがカジノゲームの中で 最も勝率の高い (期待値が高い)ゲームである(特殊な条件下でのビデオポーカーなどを除いて)ということも覚えておいていただきたい。特に後述する「オッズ賭け」は、カジノ側の控除率がゼロなので、勝てる可能性が十分にある。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*