人生のイザというとき、必ず役立つ 勝てる弁護士180人--離婚、多重債務、相続、リストラ、過労死、交通事故・・・本誌独自調査

本当に勝てる債務調査 - 696760

企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 詳しくはこちら。

労働問題に関するご相談

土日・19時以降も相談できる等  あなたに最適な事務所が見つかる! 内容証明郵便を送って交渉をするだけでも、着手金が最低 5万円 程度はかかります。また、裁判所を使う手続きの場合は、着手金が 10万円 程度かかるのが一般的です。着手金とは別に、回収が成功した際には成功報酬として、回収できた金額の 20~30% を別途支払います。 今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、 弁護士費用保険メルシー への加入がおすすめです。 弁護士費用保険メルシーに加入すると 月額2,円 の保険料で、 ご自身やご家族に万が一があった際 の弁護士費用補償(着手金・報酬金)が受けられます。もちろん労働問題に限らず、自動車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。(補償対象トラブルの範囲は こちら からご確認下さい。)。 そもそも、今の状況でどのような方法を取ればいいのかを提案してくれる弁護士は、相談だけでも力強い味方となってくれます。 「債権回収弁護士ナビ」では、債権回収を得意とする弁護士に直接ご相談ができ、相談料無料、初回の面談相談無料、全国対応で相談を受け付けいる事務所も多くいますので、法人・個人問わず、お金のことで悩み続けているなら、一度債権回収が得意な弁護士にご相談ください。

繧医¥荳€邱偵↓雉シ蜈・縺輔l縺ヲ縺・k蝠・刀

以前は、弁護士報酬は一律に定められていましたが、現在では弁護士の料金体系は自由に決めることができます。そのため、 法律事務所によって弁護士費用は異なります。 実際に民事事件を弁護士に依頼した場合には、以下のような費用がかかります。 着手金とは、事件着手時に発生する費用のことで、結果にかかわらず、 返金されないもの です。 依頼する事件(例えば、過払い金の請求を求める場合)によっては、 着手金を無料にしている法律事務所もあります ので、着手金がいくらかかるかは依頼する事件によって、または法律事務所によって異なります。 報酬金とは、事件の 解決時に発生する費用 のことをいいます。仕事の結果について、例えば「回収金額の何%」というような形でかかることになります。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*