日本から一番近いカジノ楽園、韓国「パラダイスカジノ・ウォーカーヒル」体験した生の声

プレイヤー楽園リゾートカジノ - 812475

出典: PARADISE CASINO :: 워커힐 파라다이스 카지노 Paradise Casino。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

いまさら、この場で説明するほどでもありませんが、「チップ」とはカジノでゲームを遊ぶ際に、お金の代わりとして勝ち負けによってやり取りされる「コマ」のことです。 材質はプラスティックやクレイ(粘土)等でできていて、若干の重みがあるのが普通です。 サイズは最も多いのが直径39mmのもので、ヨーロッパでは金額によってチップの大きさが若干変わるところもあります。 ちなみにスロットマシンに投入するコインはチップとは言わず、「トークン」と呼びます。 ラスベガスでは 「$5=赤」 、 「$25=緑」 、 「$100=黒」 、 「$500=紫」 などと金額によって配色が決まっています。($1はカジノによってまちまち)  カジノでチップを採用している理由は以下の通りです。   ・現金よりも盗難などの防犯率が高い。   ・紙幣や硬貨の現金では配当や回収がしずらい。   ・プレイヤーの金銭感覚をマヒさせる。  特に3番目の「金銭感覚のマヒ」には十分注意しましょう。 $500のチップも$5のチップも大きさは全く同じで、色が違うだけです。 (いちおう$500のほうがデザインが少し綺麗だったりしますが・・・)  ルーレットの赤黒に「5万円の現金」か「$500のチップ1枚」かける姿を想像してみてください。チップに$500とだけプリントしているものがいかに安っぽく感じるかお分かりいただけると思います。 左上から「マンダレイ・ベイ」「サーカス・サーカス」「ラクソー」「エクスカリバー」  まず初めに紹介するのはこの4枚です。 この4つのカジノホテルにはある共通点があります。 それは何かというと、実は「経営母体が同じ」なのです。 ラスベガスでは同じ会社が複数のカジノホテルを経営することは珍しくなく、この4つのホテルは全て「マンダレイ・リゾート・グループ」が所有するカジノホテルとなるわけです。(旧社名はサーカス・サーカス・リゾート) もちろん全てのホテルが個性ある特徴を持っているから成り立っているのであり、特徴の薄いホテルは移り変わりの激しいラスベガスでは淘汰されてしまいます。 南国の楽園をイメージにした「マンダレイ・ベイ」、ピラミッド型のホテルの「ラクソー」、中世のお城をモチーフにした「エクスカリバー」、無料サーカスショーで有名な「サーカス・サーカス」と全てテーマが違います。 マンダレイ社の経営するホテルは全体的に安価なのですが、この中でもマンダレイ、ラクソー、エクスカリバー、サーカスの順にランク付けがなされています。 家族連れならホテルのランクよりも賑やかな所を選ぶ傾向があるし、年配の人やカップルで宿泊したいのならちょっと豪華にいきたい、という客のニーズに合わせていった結果このようになっていったわけです。 左上から「ミラージュ」「トレジャー・アイランド」「ベラージオ」「ゴールデン・ナゲット」  この4枚のチップもやはり同じ会社が運営しているものです。 しかし、その「ミラージュ・リゾート社」は現在これらのホテルは所有していません。 この次に紹介する「MGM社」に買収され、「MGM ミラージュ社」として運営されています。 旧ミラージュ社は1989年に「ミラージュ」ホテルを開業し、90年代にホテル建設ラッシュが始まる先駆けとなりました。 また、当時のオーナーである「スティーブ・ウィン氏」はラスベガスでは知らない人はいないというくらい有名な人物で、コンセプトを持ったカジノホテルを次々と建て、現在のリゾートタイプのラスベガスを作った人として不動の座を得ることになりました。  ところが10年後の今、経営が思うように進まず、ウィン氏のワンマン経営もあいまって、MGM社の買収で社長の座を抜け出す形となってしまいました。 それでも実はウィン氏、まだまだ新しいホテルを生み出そうと動いています。この話はまた後ほど・・・。 左上から「ニューヨーク・ニューヨーク」「MGMグランド」「ボードウォーク」  前項で紹介してしまいましたが、こちらは「MGMグランド」ホテルを筆頭に経営を行なっている、「MGM ミラージュ社」のカジノチップです。 MGM社はもともと映画会社で、日本のカジノ業界にも似たような名前の会社がありますが、こことは全くつながりはありません。 現在ミラージュ社を買収したため、ラスベガスでは最大の経営母体となっています。 ピエロのチップが目を引く「ボードウォーク」ホテルも元々はホリデイインの所有だったのですが、こちらも買収によりMGM傘下になっています。  あと余談ですが、「ニューヨーク・ニューヨーク」ホテルの周りを走っているローラーコースター(いわゆるジェットコースター)の設計者は日本人なんだそうですよ。

初体験のパラダイスカジノ ウォーカーヒル

resocasi さんのツイート。 コメント( 4)。 年末年始というのに客足は少なく、昼間はバカラ$25台が2台、$が1台程度開いていました。 夜にしても$25台が2~3台、$が2~3台という感じです。 BJは昼間は$25台が1つ、夜は$25が1~2台、$が2台程度と寂しい限りです。 また、喫煙が自由なので吸わない私にとっては居心地は悪かったです。 飲み物は、FREEでした。食事はどうなのでしょうか? 食事は現地日本人ガイドさんに聞いて行ってきました。 カジノ近くの鉄板焼レストラン禅、DFS近くの中華料理マジェスティ、ハイヤットとフィエスタの前あたりのガラパンにある韓国料理店等がおすすめです。 居酒屋の金太郎レストランにも行きましたが、ここは定食物が良いのでしょう、酒のつまみはいまいちでした。 マッサージも60分$35(オイル)と比較的お値打ちでしたが、同メニューで現地人価格は$20だそうです。 やはりこの寒い日本を離れて年末年始をカジノがある比較的近い暖かい地で過ごすのいいものだと思いました。また、どこでも日本語又は簡単な英語が通じるのでそれだけでも気が楽です。 日本からの直行便がなくなった今、アクセスにもう少し改善があればと思います。 そういいながら、来年の計画を準備中です。 YASUさん レポートありがとうございます なんだかカジノ目的で行くところではなさそうですね 南の島でのんびり、そのついでにカジノもあった そんな感じで行くところなのかなあ YASUさんは行く気満々みたいですので、南の島の気分を味わった他に カジモからおこずかい稼いできちゃってください! やっぱりフライトが問題ですよねー 僕は昨年5月のデルタ直行便廃止前に、IPI(Imperial Pacific International )には3回行きました。 フライト時間3時間15分、空港からも20分でカジノに行けたのはとても便利でしたね。 ただ持込金が多いと空港にはキャッシュカウンターが無いのでスタッフによる手計算で時間が掛かった記憶があります笑 今でも日本人ホストもいますよ。常駐では無いので事前に連絡する必要はあります。 すぐ近くにある海もとてもキレイだし、直行便が復活すればまた行きたいところですね。 ローリングコミッション率はマカオよりも良いです。

ゲーミング開始について

ヨーロッパからの観光客が訪れる モーリシャス には、最高級リゾートホテルなどいくつもあってビーチリゾートには、有名な海外セレブたちがよく姿を現しているとあってとても人気があります。 どこのリゾートホテルでもオールインクルーシブなので一歩ホテルに入ってからの食事代・ノンアルコール飲料・アクティビティなど食に関する全てが利用料金に含まれているのです。もちろんラグジュアリークラスのホテルならば、ビーチアクティビティなど遊びなども無料になっています。 もう1つは、Le Caudan Waterfrontです。こちらのカジノ場は街中にある典型的な規模で2フロアありますが、マシンなどは80年~90年代の古いものばかりが置いてあるので少しガッカリするかもしれません。それでも大人の社交場らしく、ゲームテーブルではブラックジャックにポーカーなどを楽しむことができます。 Le Caudan Waterfrontでは、フロアは禁煙ですが喫煙場所も設けられています。営業時間は、ルーレット・ポーカー・リールマシンならば午前10時~翌2時です。ゲームテーブルは午後8時~翌朝4時までと遊べる時間帯が違うので確認してから行くといいです。こちらのカジノの入場制限は18歳以上の大人のみです。 モーリシャスのカジノで遊ぶにはどのような点に注意すべきなのか確認しておきましょう。街中の カジノ場では18歳未満は入場できない、21歳以上でなければいけない など施設によって違いがあるので事前に確認しておくべきでしょう。モーリシャスのカジノも他国と同様にカメラなどのデジタル機器・CDプレイヤー・携帯電話・マスクやヘルメット、覆面などの着用は禁止とされています。さて、もう1つ大事な ドレスコードは、意外とラフなカジュアルスマートでも全く問題ありません 。その点はやはりビーチリゾートなので厳しくはないようですが、場所によっては夜になると短パンやビーチサンダルでの入場は禁止していることもあります。 カジペディア 世界のカジノ 楽園リゾート【モーリシャス】のカジノ。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*