横浜市、カジノを含むIR誘致。山下ふ頭を想定

のレビュ横浜市がカジノ - 35827

平成27年3月、横浜市が『IR 統合型リゾート 等新たな戦略的都市づくり』の検討調査報告書を公表しました。この調査研究は、横浜経済が「踊り場」にあることをふまえ、IR導入によって得られる効果(経済波及効果、税収効果、雇用創出効果)が将来の横浜の社会保障や都市インフラに活かすことができるかを検証するものです。 IR(Integrated Resort)という用語は、年代にシンガポールでカジノ導入が検討される過程で使用され、世界的に普及しました。『IRとは、カジノ施設及び会議場施設、レクレーション施設、展示施設、宿泊施設その他の観光振興に寄与すると認められる施設が一体となっている施設の総称』で、今や、世界カ国でIR(カジノ)が導入されています。

このページへのお問合せ

企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 詳しくはこちら。 天気 プレスリリース検索。 トップ 速報 アクセスランキング トピック一覧 人事 おくやみ プレスリリース ビジュアルデータ 写真 映像 社説 統計 話題のトピック 新型コロナ 米大統領選 就活 FT お金のトリセツ 人生年の羅針盤 経営者ブログ ヒットのクスリ モバイルの達人 今週の予定。

IR(統合型リゾート)のページ一覧

横浜市ホームページではJavaScriptを使用しています。 JavaScriptの使用を有効にしていない場合は、一部の機能が正確に動作しない恐れがあります。 お手数ですがJavaScriptの使用を有効にしてください。 平成30年7月20日、特定複合観光施設区域整備法(IR整備法)が成立しました。これまで、横浜市では、都心臨海部での戦略的な都市づくりの検討の一環として、基礎的なIRの調査・分析を進めてきましたが、現段階では、IRを導入する・しないについての判断をしておりません。  横浜では、IRの導入によって観光や地域経済が活性化することを期待する声や、IRを構成する施設の一つであるカジノに起因した依存症・治安悪化などに対する懸念の声もいただいています。  こうしたIRの効果や懸念事項対策等についての調査・検討を国の動向や情報等を踏まえながら進めています。 IRとは、国際会議場施設、展示施設等、我が国の伝統、文化、芸術等を生かした公演等による観光の魅力増進施設、送客機能施設、宿泊施設等の観光振興に寄与する施設とカジノ施設から構成される一群の施設であって、民間事業者により一体として設置・運営されるものです。  国は、適切な国の監視及び管理の下で運営される健全なカジノ事業の収益を活用して、地域の創意工夫及び民間の活力を生かした特定複合観光施設区域の整備を推進することで、国際競争力の高い魅力ある滞在型観光の実現、観光及び地域経済の振興、財政の改善を目的としています。

市会議員の仕事について

14 40 1 23 12 13.

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*