ぱちスロ アベンジャーズ

発生タイミングアイアンマンスロット - 912315

マレーシア入りした後の最終準備では、いつも通り、アルファ米中心の食事をして、チェックインやバイク預託などでは極力早め行動をして、残った時間はベッドで休憩した。休憩中はレースシミュレーションに時間を割き、特に、昨年のバイクコースの GPS 結果を何度も見返し、重要な箇所やポイントとなるカーブの距離を書き出して暗記した。

アイアンマン70.3セントレア知多半島ジャパン

平成29年11月11日 土  エイジ部門午前よりローリングスタート     総合36位 Mカテゴリー6位       Swim 3。 が、次第に、そして明確にサドルの高さに違和感を感じるように。     レース後に確認すると、バイク荒れた路面の走行によってか、フレーム内部の     シートポスト固定部にクラックが生じていました。 先週1週間お休みを頂き、ほぼレース準備のみに集中させていただきました。    本当にありがとうございます。すみません、それと、今まで何度もこれが最後といっ    てきましたが、やっぱり嘘です。来年も挑戦します。KONAに戻ってくることが出来る    かどうかは全くわかりませんが、3度目の挑戦で完全にKONAの虜になってしまった    ようです。では、お時間のあるときにでもレポートをどうぞ。    10月12日(木)に所謂Welcome partyが行われた。いつものことだが、世界各国の    Ironman raceでトップ3%以内でゴールしているアスリートの息吹を感じると、ぞくぞく    するし、また来年も戻って来たいと強く思う。ハワイ独特のFire danceの太鼓の音が、    レース前の高揚感を煽る。いよいよスタートだ。    Swim、Bike、Runのそれぞれの目標タイムを1時間10分、5時間45分、3時間45分と    それぞれコースマップに示して、家族が応援しやすくしておいた。炎天下の中14ヶ月    の息子の世話をしながらの応援なので、レース展開が狂うと迷惑だ。    10月13日(金)は夜9時就寝、レース当日の朝4時までぐっすり眠ることが出来た。    男子エイジのスタートは7時5分。6時45分頃にSwimスタート地点の隣にあるキング    カメハメハズコナビーチホテルの海岸で10分ほどアップする。体調はすこぶる良い。    先頭から3列目くらいの位置でスタートラインに並ぶ。レース戦略は、皆生と同じく80    %の力を最後まで出し切ること。    キャノン砲がスタートを告げる。場所取りもよく、時々左右の選手にぶつかったりす    るが周りの泳力が似通っていたためそれほどストレスなく進む。左側で呼吸をすると    朝日がまぶしい、今は涼しいが、日中は暑くなるだろうと余計なことを考える。    普段3。 or パプアニューギニア人? 黒人のエイドです。とても陽気で明るいです。    また、cairns esplanade の公園内のオーストリアの人達の応援もなかなかです。スポ    ーツは世界共通言語ですね!    最後に忘れていけないのが妻の応援です。毎周回必ず僕を見つけて応援してくれまし    た。ゴールから数メートル手前で妻とハイタッチをし「Kazuaki Suginaga From Japan!

Share This

大会前日のバイクチェックインから当日のフィニッシュまでの流れをご案内します。 スタート、T1、T2、フィニッシュは場所が離れているため、競技に使用するギア・バイクは大会側で移送します。トランジションバッグやバイクの預け場所、受け取り場所について確認してください。

IRONMAN HAWAII 世界選手権 | TRI-X

レース当日の朝5時には、レース会場の 周りは人だかりで、緊張感の漂う中、プロやエイジのアスリート達が、ボディマーキングへと向かい、続々とトランジションへ入り準備を進め始めた。それぞれのアスリート達が、スタートの時間まで、ストレッチを したり、メールをチェックしたり、家族や友達と時を過ごし、リラックスを心がけようとしながらも、緊張と共にスタートのあるビーチへ足を運び始めた。 順調にバイクをスタートしたPottsだったが、最初の10キロの坂を折り返した下り坂で、後ろから猛スピードで来るMcKenzieとAlexanderにすぐに抜かされ、続々と2人と同じ集団でスイムを上がってきた選手達に抜かされ始めた。バイクメインコースのクイーンKハイウェイに入った頃には、McKenzie、Alexander、Bennett、Gambles、Mathews、Jacobsなどのオーストラリア代 表勢で回し始めた。だが、その後ろからすぐにバイクが強いヨーロッパ勢のMRaelert、Henning、Guillaume、Van Lierde、Mckernanも様子を見ながら、大きなパックを構成したままレースが進み始めた。 そのままの大きなパックで、約70キロ地点に差し掛かると、Jacobsが先頭を引っ張る等の場面もありながら、McKenzie、Guillaumeと共にアグレッシブな駆け引きが続いた。この時点でスイムで遅れたVanhoenacker、Kienle、Bockelも追いつくことができた。すぐさま、Vanhoenackerが、折り返し手前で先頭を奪い、そのままKienleと2人で逃げる展開に持ち込もうと、後続との差も1分程開き、自身の戦略を実行し始めた様に見えた。バイクスタート時から、自身の不調を訴えていたMcCormackは、次々とトレーニングパートナーのRonnie SchildknechtやPaul Amey等に抜かされ始めてから、Hawiの折り返し地点を通過して、すぐにリタイアを決めた。 バイクパートにて、この折り返し地点からが、勝負所だと知っているVanhoenackerやKienleの強豪バイカーの達は、猛スピードでそれぞれの明確な差をつけるため、必死にしかけ始めた。120キロ地点のKawaihaeの上り坂と強烈な風に差し掛かった時には、Vanhoenackerが、2分程の差をすでに開き始め、後方から追ってくるJacobs、McKenzie、Guillaumeを含む先頭集団が続いた。折り返しすぐにKienleは、パンクに悩まされつつスペアタイアに変えようと焦りながらも、メカニックからのスペアホイールに変えて復帰し、すぐにトップ集団に追いついた。バイクフィニッシュ手前の160キロ地点では、後ろから徐々に追ってきたJacobs、Bockel、Van Lierde、Al-Sultan、Kienleの集団が続き、この時点ですでにVanhoenackerは、8分もの差を作り逃げ切る体制に入っていた。 バイク後半の向かい風や徐々に熱くなる気温に対して、バイクで引き離そうと強烈なスピードで駆け走るVanhonenackerが、最速バイクタイムの4時間25分49秒で、最初にトランジションへ到着した。その8分後に、集団で、Jacobs、Bockel、 Van Lierde、Al-Sultan、Guillaume、Kienleの順で強豪選手達が、バイクを終え、トランジションへ向かい、かなり先を行くVanhoenackerを追いかける展開 が始まった。トップ集団の3分後に、McKenzie、Bracht、Dellow、ARaelert等の主要選手達がバイクフィニッシュし、トップ10の争いも激化していった。注目のAlexanderは、バイクで調子の良さを出せずに、トップと15分以上の差をつけ、19位で通過し、ランスタートした時には、2時間30分台のペースで追いかけるつもりでいた。

発生タイミングアイアンマンスロット - 375240

ぱちスロ アベンジャーズ - パチスロ - | 設定判別・天井・ゾーン・解析・打ち方・ヤメ時|DMMぱちタウン

7 … … 1 2 3 4 3 5 TOP3 6 7 7 181 1822 12 822 PARADISE CITY LINE7 LINEOK LINE   GYAO. PICK UP. No.

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*