モーベンピック ホテル & カジノ ジュネーブ

比較スイスのカジノ - 86609

こちら のサイトを参照いただき、設定いただくようお願いします。

スイス・カジノ依存症対策 「ギャンブル行為、経過、依存と結果の実証的研究」(5)

スイスでは従来、法によりカジノ設置が禁止されていたが、年に禁止条項を撤廃。年に詳細な規制を定めたCasinos Act(カジノ法)が施行され、年に最初のカジノが設置されている。グランカジノ(大型カジノ)とスパカジノ(温泉併設カジノ)の2類型で19のカジノが当初設置された。今回訳出された「スイスにおけるギャンブル依存症」報告書はスイス連邦ゲーミング委員会とスイス連邦法務局が国内の労働社会政策研究所へ委託したもので、年に発表されたものだ。それによると、スイス国内におけるギャンブルの収益とコストをそれぞれ金額ベースで明確化して比較すると、ギャンブルがもたらす収益はコストの約7倍と算出されている。ただし、ここでの収益には連邦政府・州政府への税収および社会還元・社会保障への充当額で経済波及効果等は含まれず、コストについても治療コストやギャンブルを直接的原因とした負債などを合算したものとしている。 諸外国のカジノでは「レスポンシブル・ゲーミング」(Responsible Gaming・責任ある賭博)として、事業者が自らの責任をもって独自に社会的コストの緩和策を策定・実施することが通例となっており、これと同様の概念は日本国内のギャンブル産業には存在しない。「グランカジノ・ルツェルンのゲーミング戦略」はルツェルンのカジノで実際に行われている具体策をまとめたもので、主にギャンブル依存症の防止を主眼として現地の大学の協力を得て実施されている。この中では顧客がギャンブル依存症に陥ることを防止するために、顧客の来店記録等に基づいて依存症リスクのある顧客の早期に発見し、入場禁止措置などの制限を行う。そのほか予防策としてエントランス付近にギャンブル依存症の啓発のためにパンフレットを置き、その中には相談ホットライン等の案内なども記載されている。

日本カジノ健康保養学会の中西代表がIR議連へスイス・カジノ依存症対策の資料を提供

この研究の機に際し、忘れてならないのは、すでにカウンセリングを受けている人々の特徴と、現在提供されているギャンブルの機会との間に、直接的な関連性を認めることは、今の時点では非常に慎重であるべき、ということである。 なぜなら、ギャンブルの問題を抱えている人が支援を求めるまでの期間は平均して5~6年、ギャンブルの問題に関するカウンセリングは一般的に約1年を要するからである。 質問表に回答したカウンセリング施設の46%がgambling problemsのカウンセリング結果について回答、相談を受けた全てのケースのうち、41%が改善、13%は変化なし(その時点で)であったという。 プラン通りにカウンセリングを終了できた者が受けたカウンセリングの回数は平均14回、個別には1回から50回までと個人差が大きかった。 セラピーの継続期間は平均日間、そのmedian 中央値 は日間。専門家へのインタビューによると,gamblibg problemのカウンセリングにかかるコストは、他の依存症のケースとほぼ等しいか、やや低めである。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*