ルーレット、トリプルゼロ(0、00、000)が常態化

確率はどれくらいグランドベガスカジノ - 893338

ラスベガスでカジノができる主な場所 は、ホテルが立ち並ぶ「 ストリップ 」こと ラスベガス大通り か ダウンタウン のアーケード街。より 安全にカジノを楽しむ なら、断然 ホテルがおすすめ です!

関連記事(一部広告)

GIGAZINE シークレットクラブって何? by amespiphoto そこでJarecki氏は仕事以外の時間をカジノルームで過ごし、ひたすらルーレットのテーブルに張り付いて何千回ものゲームを見届け、ボールが入ったポケットを手動で記録しました。これによってJarecki氏は統計的な異常値を発見し、特定のパターンでボールが入りやすいポケットを特定することに成功したそうです。 なお、ボールが入りやすいポケットを突き止めるというJarecki氏の発想は世界初のものではありません。過去には年代にカジノを荒らした Joseph Jagger 氏や、ラスベガスのルーレットに偏りを発見して大金を稼いだ Albert Hibbs 氏など、何人かの先駆者がいました。一方でJarecki氏はお金が目的でルーレットの攻略を行ったのではなく、あくまでも「完璧なシステムを構築して繰り返し試行することでルーレットを攻略する」ことに焦点を当てていたとのこと。 何カ月分ものデータ収集を行ったJarecki氏は、ドル 現在の価値で約9万円 ほどを持ってルーレットに挑戦。データから構築したシステムに従って賭けを行った結果、わずか数時間でドルをドル 現在の価値で約万円 ほどに増やすことに成功しました。 by Pictures of Money 年台の半ばにドイツの ハイデルベルク大学 で研究ポストを得たJarecki氏は、今度はヨーロッパの高級カジノをターゲットにルーレットの分析をスタートしました。ヨーロッパのルーレットはポケットの数が37個であり、38個のポケットがあるアメリカのルーレットよりもオッズがよく、賭け金のうちから徴収するカジノの取り分もアメリカのわずか半分だったとのこと。 Jarecki氏は妻のCarol氏と一緒にモナコ、フランス、ドイツなどヨーロッパ中のルーレットを探しだし、8人もの記録係を雇ってルーレットの試行と結果を蓄積していきました。時には1カ月あたり2万もの試行を記録したそうで、綿密な準備期間を経てJarecki氏はルーレットの法則を見つけ出していきました。

ラスベガス大全とは?

参考までに、「ラスベガスには税金がない」という噂の根拠は、ラスベガスが属するネバダ州に所得税や法人税がないからだ (固定資産税はある)。が、これにも誤解があるので補足説明が必要だろう。  他州の住民や法人に比べ、ネバダ州の個人や法人が法人税や所得税を納めていないのかというとそんなことはない。なぜなら、州税がないだけで、国税はあるからだ。  もともと、どこの州に住んでいようと、所得税も法人税もその大部分は国税であり、各州独自の所得税や法人税の税率は国税に比べてかなり低い。  したがって、ネバダ州の個人や法人が受けている州税の免税による恩恵は、それほど大きくない。 (累進税のため総所得によって異なるが、一般的な給与所得者の州税無税の恩恵は、総所得のほんの数パーセント。とはいっても高額所得者にとっての恩恵はかなり大きな額になる)。 そうでなければ全米の住民や企業がネバダ州に集まってしまうが、実際にはそんな現象は起こっていない。その証拠に、ネバダ州は人口増加率こそ大きいが、絶対数としては、人口も企業数も非常に少ない。(ネバダ州の人口は 年7月時点の統計数値で万人、全米50州の中での順位は32番目)。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*