QRコード決済の最新動向総まとめ2018~仕組みやメリットからサービス一覧まで

決済方法総まとめエキスパー - 276905

従来、ファッションECではクレジットカードや銀行振込、あるいは後払い決済や商品代引きが中心でした。しかし、スマートフォン経由の利用者が年々増加するに伴い、 決済プロセスを改善してコンバージョンをいかにアップさせるかが重要な課題 となってきています。

オンライン決済サービスを比較! より簡単でおすすめな決済方法15選

盛り上がるスマホ決済サービスだが、どれを使うべきか分からないという人も多いだろう。そこで今回は「楽天ペイ」「LINE Pay」「d払い」「PayPay」「Origami Pay」のメジャーな5サービスの特徴を解説する。

当サイト内のおでかけ情報に関して

romeo 更新日:年02月23日。 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。 RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。 トップページ エリア一覧 アジア 日本 関東地方 東京 神田・秋葉原・御茶ノ水。 電気街だけじゃない!実はお洒落な「秋葉原」エリアで行きたいグルメスポットを総まとめ! romeo 更新日:年02月23日 [[ article。 favoriteCnt ]] お気に入り。

「決済のオムニチャネル化」はなぜ実現しないのか

そもそも、ECでは現金払いが不可能、という事実があります。そして、そのために ECでは「銀行振込」という後払いの手段が一般化していますが、それがECで可能なのであれば、リアル店舗でも後払いができて然るべきなのではないでしょうか (一部、「ツケ払い」など後払い系のサービスを導入しているケースもありますが、オムニチャネルという観点から見れば、それらはもっと普及していいと思います)。 クレジットカードは、リアル店舗でもECでも同一のものが利用できる、という意味では問題ないようにも感じますが、対面では物理的にカードを店員に渡して、それをスキャンしたりICチップを認識させたりする必要があります。一方、非対面ではカード情報を予め登録しておき、決済ごとに本人であることを認証する必要があります。つまり、 対面(リアル店舗)での決済方法と、非対面(EC)での決済方法が全く異なるフローを持っている のです。 このような状況に陥ることになった要因の一つには、決済手段があまりにも乱立し過ぎたことが挙げられると思います。特に、 決済手段が増えれば増えるほど、端末も同様に乱立し、リアル店舗のPOS側では連動対応が追いつかなくなるのが1番の問題 と言えます。 このような状況に鑑みて、 決済業者も含めたリテール業界がまず着手すべきなのは、キャッシュレスのための新たな決済手段を立て続けることではなく、本質的な「決済のオムニチャネル化」である と、私は思っています。 やはり、 非接触型で、動作回数がもっとも小さいFeliCaで決済するのが、一番いい購買体験に繋がるはず です。しかも、それがどの決済業者の手段を使っているかも、端末側で判別できるというのが、本来あるべき姿でしょう。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*