[ITMEDIA ビジネスオンライン] 米国株はいま買いなのか?

超高額賞金イベントネットバンク - 358199

米エピック・ゲームスは7月27、28日の2日間にわたり、人気タイトル「フォートナイト」の世界大会「フォートナイト・ワールドカップ」を米ニューヨークのアーサー・アッシュ・スタジアムで開催しました。決勝の賞金総額はeスポーツの大会としては過去最高規模となる3,万ドル(約32億4千万円)で、4月から2ヶ月半に渡り行われた予選で支払われた賞金を含めた総額は1億ドル(約億円)に達しています。ちなみに、同スタジアムで8月末に開催予定のテニスの全米オープンのシングルスの優勝賞金が万ドル(約4億2千万円)、賞金総額は5,万ドル(約61億円)超とみられており、これと比較して遜色ない規模であることからも同社の力の入れようがわかります。 また同社のほかにも、人気タイトル「Dota 2」を手がける米バルブ・コーポレーションが年8月、賞金総額約2,万ドル(約27億円)の世界大会を開催、優勝チームは約1,万ドル(約11億9千万円)を獲得しました。さらに、8月に開催される大会ではこれを上回る規模の賞金が設定されているようです。さらに、「リーグ・オブ・レジェンド」や「ハースストーン」などのタイトルで大会が開催されており、人気を博しています。 こうした動きは企業に限ったものではありません。eスポーツ人気を受けて、年8月にインドネシアで開催された第18回アジア競技大会では、コナミHD()の「ウイニングイレブン」等がデモンストレーション競技として採用されました。さらに、年の中国・杭州大会ではeスポーツが正式種目として採用される見込みです。

SBIグループサービス

A1  eスポーツとは、「エレクトロニック・スポーツ(Electronic Sports)」の略で、コンピューターゲームやビデオゲームで行われる競技をいう。eスポーツでは、コンピューターゲームをプロ野球やJリーグなどのようにイベント会場に大勢の人を集めて競い合わせる大会形式で行われることが一般的である。欧米や日本を除くアジアの国々ではかなりの盛り上がりをみせており、賞金総額10億円の大会が開催されるなど、賞金の高額化の傾向が進んでいる。 A2  日本国内では、懸賞を含む景品は最高額および総額が、不当景品類及び不当表示防止法(以下、「景品表示法」という)によって規制されている。詳細は、景品表示法の告示である「不当景品類及び不当表示防止法第2条の規定により景品類及び表示を指定する件」(昭和37年公正取引委員会告示第3号「定義告示」)、「懸賞による景品類の提供に関する事項の制限」(昭和52年公正取引委員会告示第3号「一般懸賞告示」)および「一般消費者に対する景品類の提供に関する事項の制限」(昭和52年公正取引委員会告示第5号「総付景品告示」)並びに各運用基準によって定められている。 Powered by リゾーム。 ログイン お申し込み。 イノベーション スキルアップ。

超高額賞金イベントネットバンク - 9192

拡大するeスポーツ市場を振り返る

上記の数式で、50万円が引かれていることに疑問を感じた方も多いでしょう。一時所得は50万円までの特別控除が認められています。つまり懸賞金が50万円までであれば、申告しなくても良いということになります(所得税法第34条第3項)。それを超える場合は、上記の数式に則って申告が必要です。 ただし、50万円以上の賞金でも、宝くじとスポーツ振興くじ「toto」は、「非課税所得」の扱いになります。これらに当選した場合は、金額の多寡に関わらず非課税です。しかしそれによってマイホームや自動車など高額なものを購入すると、税務署から問い合わせが来る場合があるので、当選の際に「当選証明書」を発行してもらっておくと安心です。 これまでお話してきた「一時所得」は、ほかからの収入と合算して「総所得」として課税されます。このことを「総合課税」と言います。もし上記の馬券を当てた人がほかから給与をもらっていない専業主婦だった場合、上記の課税対象の20万円から38万円の基礎控除が受けられるので、結果的に課税額がなくなり、申告の必要はありません。 また、本来であれば確定申告をする必要がない給与所得者も、給与所得や退職金以外の所得が20万円を超えると確定申告が必要になります(所得税法第条第1項第1号)。つまり懸賞金額から、特別控除の50万円と必要経費を引いた金額が20万円を超えた場合には、確定申告の必要があるのです。上記の馬券を当てた人が、サラリーマンなのであれば、確定申告をしなくてはならないということになりますね。 確定申告には青色申告と白色申告の2種類があり、期限までに書類を作成し納税をすることが重要です。 書類の作成には、手書きのほか、国税庁の「確定申告等作成コーナー」や会計ソフトで作成する方法がありますが、「確定申告書の作成は難しいのでは?」と苦手意識をお持ちの方も少なくありません。 そこでお勧めしたいのは、 確定申告ソフトfreee の活用です。 確定申告ソフトfreee は、会計の知識がないから不安だという方でも、質問に沿って答えていくだけで簡単に書類を作成することができます。 以下に書類を作るまでのステップをご紹介します。

突発的に開催される特別トーナメント

毎週火曜日に放送されているNHKのテレビドラマ 「書店員ミチルの身の上話」 。  平凡な生活をおくっていた主人公のミチルが 宝くじで2億円 を当てたのを機会に人生が狂い始め、周囲も不幸に巻き込むという泥沼のストーリー。  その中の教訓、 「的中したことはだれにも言うな」 は実に重みがあり傾聴に値する。 ラスベガスには、最低でも 万ドル(約9億円)という超高額の賞金が当たる MEGABUCKS と呼ばれる有名なスロットマシンがある。(写真)  ちなみにこのマシンにおける過去の最高賞金額は 年3月21日にエクスカリバー・ホテルのカジノで飛び出した 万ドル (当時の換算レートで 約48億円 )。上の写真は、その大当たりが出る直前に撮影されたものだ。 高額賞金はカジノに限ったことではない。カジノが禁止されている州においても、ほとんどの州に宝くじがある。  多くの場合、 番号選択制の宝くじ になっているため、的中者がいなければ当選金が次回に繰り越され、日本円で 億円 を超える一等賞金になることも珍しくない。  昨年末、複数の州にまたがり運営されている広域の宝くじにおいて、日本円で 約億円 という記録的な一等賞金を2人が的中させ、そのうちの1人(夫婦なので実際には2人。ミズーリ州在住)は、テレビでのニュース・コンファレンスに強制的に出演させられ名前が広く知れ渡ることになってしまい、アリゾナ州に住むもう1人は匿名が許された(最終的にはその1人も名前がわかってしまったが)。この差は何から生じているのか。 実は、 各州の規則により、当選者の名前を公表しなければならないことになっている州と、そうでない州がある 。なんと意外なことに、約8割の州が前者、つまり 公表が義務付けられており 、このことが今あらためて全米で大きな議論となっているから興味深い。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*