カンボジアでカジノを楽しもう!おすすめカジノ5選&楽しみ方まとめ

アジア各国の選択カンボジアカジノ - 426813

カンボジアの首都プノンペンでキリングフィールドや博物館を楽しんだついでに、 唯一の政府公認カジノ「ナーガワールドホテル&エンターテイメントコンプレックス」にも寄ってみたいと考えている方も多いであろう。時間が無いのでまったりとはプレーできないが、折角の機会なのでバイタクに乗って向かってみることに。マレーシア人であるChen Lip Keong氏によって年に創設されたマレーシア資本のこのカジノ、プノンペン市内で年まで続く70年間のカジノ独占営業権を持っているらしい。同氏はかつてフンセン首相の経済顧問を務めたことから今でも首相とは公私共に親しい間柄ということもあり、年までの間はプノンペンのみならず首都の半径キロ圏内においても他社の参入ができないようなライセンスまで取り付けられているそうだ。さすがは世界腐敗認識指数ランキングでか国中に沈むカンボジア、商いをするには政治がモノを言う。

冷房の効いたカジノで一息休憩!?

外国企業 誘致。 カンボジアの外国直接投資( Foreign Direct Investment :FDI)に関する法制度は、投資を制限するのではなく、自由で積極的な投資を奨励することを目的として制定されている。投資法の規定では、外国直接投資は土地所有を除き、外国人は内国法人と差別なく扱われており(外国人が土地を保有できないことは憲法で規定されている)、多くの分野で自由に投資することが許されている。また現行の投資法では、「(投資プロジェクト)最終登録証明書( Final Registration Certificates :FRC)」を入手した投資家に対し、種々の優遇措置が与えられている。 またカンボジア政府は、投資促進サービスの向上を継続的に図っている。例えば経済特別区(経済特区)の促進を図るため、年にはカンボジア開発評議会( Council for the Development of Cambodia :CDC)内にカンボジア経済特別区委員会( Cambodian Special Economic Zone Board :CSEZB)が設立された。同委員会の管理の下では、経済特区管理委員会( Special Economic Zone Administration :SEZ Administration)が各経済特区に設立され、投資プロジェクトの登録から日々の輸出入許可に至るまで、ワン・ストップ・サービスが提供されている。

アジア各国の選択、外国人専用カジノ繁盛の舞台裏

タグ: お得 たのしい。 カジノのある海外の都市というと、日本のカジノファンの方々にとっては、ラスベガスやマカオなどがよく知られていると思いますが、実はこちらカンボジアにもカジノがあるんです。しかもその数は24!(年2月現在)と、数の上ではアジアのなかでマカオに次ぐカジノ大国と言えます。そのなかでも、タイと国境を接するバンテアイミエンチェイ州の町ポイペトにはゴールデンクラウンリゾート、グランドダイヤモンドシティー、ホリデイパレスリゾート&カジノといった多くのカジノが集まり、 「カンボジアのラスベガス」 と形容されることもあるほどです。 ポイペトの町には設備の整ったホテルはほとんどないに等しい状態ですが、カジノ併設のホテルは、カジノ客をおもなターゲットにしているためか、 清潔感もあり、設備がきちんとしている割に1泊30ドル程度とお得な料金設定 です。ポイペトにはカジノ以外にこれといった観光資源はありませんが、島国日本ではなかなか味わえない「国境の町」に滞在してみるのもなかなかおもしろい経験ではないでしょうか。カジノはポイペトからタイ側の国境の町アランヤプラテートへと続く道に沿って立ち並んでいますが、タイ国内ではカジノの営業は違法であるため、国境を越えてタイ側へ足を踏み入れると、そこにはもうカジノは見当たりません。「国境」というものを肌で感じさせてくれます。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*