カジノ 日本 オンラインカジノは違法なの?

ディーラーカジノ適法性 - 400166

難しい法律の話は後回しにして、まず結論だけ先にお伝えしますと、現在の段階では オンラインカジノは違法でも合法でもありません 。 まず初めに、ざっくりとポイントだけ押さえておきましょう。

2 オンラインカジノ×偏在説|形式的な適用

オンラインカジノの法律面での議論は、本当に沢山の場所・ニュースで扱われているので多くの知識を持っている方もいるとは思いますが、日本には「オンラインカジノに適用する確固たる法律」がありませんので、日々最新情報が変わっています。 これまでの情報や事件を含め、現在のオンラインカジノの立ち位置が理解できる様に解説します。 オンラインカジノは、主にはイギリスやマルタ共和国、フィリピンなど、政府機関から運営の認可を受けてサービスを提供しています。 認可を与えている以上、違法では無く合法と国が認めているのです。 これらの国の多くはランドカジノも合法の場合が多く、そのインターネット版であるオンラインカジノにも同様に合法となっています。 カジノのみでなく、オンラインギャンブル全般(ブックメーカー・オンラインポーカーなど)も同様です。 また、有名な事業者には、株式上場している企業もあり、社会的にも認められており、疑う余地はありません。

【Lightning Joker】最大10000倍の配当が突然当たるミステリーウィン機能搭載。ジョーカースロット登場。

出典: スマートライブカジノで遊んでいた日本のオンラインカジノプレイヤーが逮捕された件をまとめてみた。 カジノナビ。 出典: オンラインカジノの利用客で初の逮捕者 必要的共犯の解釈がポイント カジノIRジャパン見解   カジノ IR ジャパン。

逮捕のニュースを受けて、弁護士の方々の意見は・・・

投稿日: 年5月7日 更新日: 年5月7日。 オンラインカジノに興味がある!っていう人は日本中にたくさんいらっしゃると思います。 しかし、ひっかかる部分に『 オンラインカジノって違法なの?合法なの?安全なの? 』という点があるのではないでしょうか?

日本でオンラインカジノをプレーすると違法?

本記事では賭博罪における国内犯の解釈論を説明します。 というのは,賭博罪は『国内犯』だけが処罰対象とされているのです。 オンラインカジノでは『国内犯』に該当するかどうかが問題となります。 『国内犯』のルール自体については別に説明しています。 詳しくはこちら|国内犯|解釈論・基本|インターネッツ経由の賭博系・表現系犯罪 『国内犯』のルールの概要をここにまとめておきます。 ア 賭博の『結果』=国外 国外のオンラインカジノ(のサーバー)で生じている イ 賭博の『行為』=日本 インターネットに接続した日本国内のPC・スマホなどの端末から行われている ウ 結論 形式的には『偏在説』によると『国内犯』に該当する。 オンラインカジノ・リアルカジノへの参加ツアー(を企画した旅行会社)のいずれも『賭博罪成立』になってしまいます。 違和感を覚える状態です。 1回視点を引いて,常識的に考えてみます。 学説レベルでは,最低限『旅行・ツアーの企画』自体は賭博罪に該当しない,という見解です。 オンラインカジノについては,リアルな旅行と同じとは限りません。 次に『賭博罪の性質』という視点からも眺めてみます。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*