海外旅行で初カジノ!おすすめのスポット5選

ジャックポット情報モロッコカジノ - 552726

こんにちは。 Compathy Magazine ライターのOkkAです。 ラスベガスといえば最初にカジノを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

統合型リゾート(IR:Integrated Resort)

異国情緒のあふれる街並みが特徴的なモロッコ。そんなモロッコにあるCasino de Marrakechでは様々なゲームを楽しむことができます。カジノの他にも施設が充実しているのでリフレッシュに適した観光地です。

スロットマシンの注意点

ラスベガスのカジノは、21歳から利用できます。 カジノのドレスコードはありませんが、ハイローラー(賭け金が高額な上客)が多いホテルでは、おしゃれな服装を心がけたほうが良いでしょう。カジノは入場無料で、24時間営業です。 多くのカジノでは無料のカジノ教室が開催されているので、参加してみるのも良いかもしれません。 有料ですが、日本語のカジノレッスンツアーも開催されています。 フィリピンのカジノは21歳以上からで、入場無料。カジュアルな服装で入場できます。 フィリピンには外国人専用カジノは、ほぼありません。使えるお金は、フィリピン・ペソとアメリカドルです。テーブルゲームはフィリピン・ペソ~、と安い賭け金で楽しむことができるのも、フィリピンの特徴です。 カジノは、もともとヨーロッパの貴族が別荘で遊んだのがきっかけで始まりました。 パリ・オペラ座と同じくシャルル・ガルニエが設計を担当したグラン・カジノ(カジノ・ド・モンテカルロ)は、貴族の社交クラブのような役目を果たしているため、ゴージャスな雰囲気です。

ジャックポット情報モロッコカジノ - 578409

ジャックポットの出現率

日本版IRの投資規模は約50億ドルが予想され、日本はマカオに次ぐ世界第2位のゲーミング市場規模になると言われています。 日本のゲーミング(カジノ)における会計基準の早期整備が必要となります。

ラスベガスのカジノホテル

ラスベガスとマカオのカジノの違いは、カジノに訪れるゲストとカジノを取りまく周辺環境にあります。ラスベガスのカジノはアメリカを訪れる観光客が多い一方で、マカオのカジノは アジア在住の富裕層が中心 です。 またラスベガスは世界的なショーやコンサートを上演する施設などの遊び場が多く、カジノだけでなくエンターテインメント施設としても親しまれています。対してマカオのカジノ周辺は質屋や高級ブランド店が建ち並び、 カジノを楽しむゲスト中心に発展 しています。 世界のカジノ売上トップを誇るマカオのカジノの魅力は、 ホテル内にカジノが併設 されているところ。マカオのカジノ周辺はカジノ目当ての人だけでなく、ホテルの利用者も多く、カジノ初心者の方でも訪れやすくなっています。 またマカオはアジア圏内であることから、カジノには中国人・韓国人・日本人などのアジア人が多め。カジノによっては 日本語を話せるスタッフ がおり、 カジノ初心者でも気軽に楽しめるように工夫 されています。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*