横浜がIR誘致、山下ふ頭がカジノ候補地 反発は必至

プレイヤー横浜にカジノ - 486967

画像素材:PIXTA 今年9月、横浜で「ギャンブル依存症が増える」「治安が悪化する」といった理由から、カジノ誘致を反対する声が上がった。確かにカジノといえば危ない印象がつきまとう。でも、世界のカジノをよく知る人からはそのイメージを残念がる声も。世界ではどんな場所だと思われているの? 日本では知られざるカジノの魅力を、カジノディーラー育成学校「日本カジノ学院」に聞いた。

待望のIR実施法成立、ナイトタイムエコノミーとの連携で期待される経済効果

長谷川氏 ようやくか、という感想です。年に当時の石原都知事が東京お台場カジノ構想を立ち上げ、カジノは違法と言われていた頃からIR議員連盟(正式名称:国際観光産業振興議員連盟)が立ち上がり、議論は行われていたのです。 長谷川氏 そのとおりです。今でこそ訪日外国人の数は万人を超えたと言われていますが、年当時は万人程度でした。年前後はインバウンド需要を取り込もうにも、どうやって誘致するかを考えなければならない状況だったのです。 長谷川氏 シンガポールにマリーナ・ベイ・サンズとリゾート・ワールド・セントーサという2つのIRが年に完成したことによって、シンガポールの雇用は改善し、開業してから5年の間にGDPが急激に増えたのです。 長谷川氏 大阪万博がきっかけになりそうで、年頃ではないかと言われています。 齋藤氏 IRだとカジノ、いわゆるゲーミングが注目されがちですが、ショーパフォーマンスやナイトクラブ、飲食店など周辺にあるナイトエンターテインメント全体との親和性が高く、連携して進める事が必要だと思います。風営法改正、そして観光庁のナイトタイムエコノミー政策の中でもIRは議論されています。

日本が海外から学ぶべきことは

キーワード: 検索。 IDでもっと便利に 新規取得。 現在 JavaScriptが無効 になっています。Yahoo! ニュースのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。 JavaScriptの設定を変更する方法は こちら 。 まず、ギャンブル依存症だ。これは病的ギャンブリング(Pathological Gambling)とも呼ばれ、米国の精神疾患診断基準(Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorder、DSM)にあるようにギャンブル依存症は「Addiction」ではなく「Disorder」であり、依存よりも精神障害の一種に分類されている。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*