ブックメーカー及びスポーツベッティングの専門用語/関連用語集/スラング

確率事象アイスホッケーベット - 292700

クラップスはラスベガスのみならず世界中のカジノにおいて、ブラックジャック、ルーレット、バカラと並び広く行われているゲームのひとつである。  特にここラスベガスでは、クラップスのワイワイ騒ぎながらやる独特な雰囲気がアメリカ人気質に合っているのか、少なくともルーレットよりも盛り上がっているように見受けられる。

関連記事(一部広告)

僕は内部統制報告制度が始まる前のコンサル時代を含めて10年以上、J- SOX にかかわってきていますが、基本的には内部統制をコンパクトに設計すべきだと思ってるんです。例えばインフラ企業など大企業であれば、経営において事故を起こさないことが最優先されるので、業務を内部統制でガチガチにして、万が一にも事故が起きないようにすることを経営者が望んでいるしそうすべきだと思います。でも、それ以外の事業会社はどうでしょうか。 少子化 や市場の グローバル化 、ITテク ノロ ジー の進化など、これだけ変化の激しいい時代に守りの経営では会社を存続できないはずです。今売上が上がって利益が出ている事業でも、3年後5年後10年後はどうでしょうか。ずっと利益をもたらしてくれる保証などありません。経営者は常に新しい事業のの可能性を探して、投資を進めているはずです。また経営者だけでなく、従業員が仕事の内容や進め方が変化するのが当たり前であるという気持ちを持っていないと、会社として新しい事業への取り組みなど進みません。例えば、便利な クラウド ツールを使いたいと従業員が思っても、内部統制や情報セキュリティの規則を理由に使用を許可されなかったら、仕事のやり方を変化させて新しいことに取り組もうなんて思えなくなりますよ。内部統制がガチガチだと、新しいことに挑戦するという気持ちが、社内で生まれなくなっちゃうと思うんですよね。まあ、インフラ企業などの大企業は事故が起きないのが最優先されますので、まあそれで良いんだと思います。でも大企業でも通常の事業会社であればそうはいかないはずです。日本の電機メーカーが凋落していってしまったのは、経営者も社員も、変化を良しとせずに守りに入ってしまったからなのだと思います。 ITに係る全般統制とは、 業務処理統制が有効に機能する環境を保証するための 統制活動 を意味しており、通常、複数の業務処理統制に関係する方針と手続をいう。 例えばですが、 ソーシャルゲーム の事業を行っている会社を例に考えると、通常、業務フロー図やRCMに登場する自動化された業務処理統制は、石の購入処理、ガチャによる石の消費処理、セット販売による石の単価の違いがあればその平均単価計算、石の販売・消費のレポート機能、などです。これら自動化された業務処理統制が継続して機能することを担保するための全般統制が必要です。他方で、具体的には パズドラ のようなパズルゲームを想定します。ゲームの核はパズルですが、それは業務フロー図やRCMに登場しないでしょう。パズルに誤りがあったり、パズルが停止してしまったとしても、機会損失がありますが、財務報告の計算誤りなどは発生しません。なのでパズルに関連した全般統制を経営者評価の対象に含める必要はありません。例えばIT全般統制の開発変更管理の運用テストの実施で、課金のプログラム変更だけをテスト対象にして、ゲームのプログラム変更をテスト対象外することができます。運用テストの母集団をいたずらに広く捉えて沢山のサンプルを抽出するのは、今すぐやめましょう。 IT委員会研究報告第46号「重要な虚偽表示リスクと全般統制の評価」 を基に考えてみましょう。

ブックメーカーの基本用語集

マルチベットの1つ。複数のオッズを組み合わせて倍率がかけ算となる賭け方で、選んだオッズが全部当たれば的中。1つでも外れると不的中。呼び方はAccumulator Aから ACCA (アッカ)と省略されることもあります。いくつかのブックメーカーでは、ACCA Insurance(アキュムレーター保証:組み合わせたオッズのうち1つだけが外れて不的中なら、代わりにボーナス支給)というプロモもあります。 賭けた選手や競走馬がその試合やレースに最終的に不出場となっても返金されない(負け扱いとなる)賭けのこと。例えば競馬で、レースのかなり前に発表された出走予定馬のオッズに賭け、結局その競走馬が参加を取りやめたとしても、All in Betの条件下では負け扱いとみなされます。 複数のオッズを組み合わせて賭けるMultiple Bet(マルチベット)のなかで、さらに特殊なもの。略称はATC Bet。ある選択肢が的中した場合のみ別の選択肢へも賭けるという条件付きの賭け方で、If Bet(イフベット)やIF Cash(イフキャッシュ)とも言います。Up-And-Down Bet(アップアンドダウンベット)、Round Robin(ラウンドロビン)、Flag(フラッグ)などいくつかのパターンがあります。ただ、あくまで伝統的なブックメーカーにおける賭けの手法で、オンラインサイトではほとんど使うことができません。 裁定取引(俗にさや取り)と呼ばれる、金融の世界で用いられる手法。ブックメーカーごとのオッズ差でこれを応用する無敗のテクニックをSports Arbitrage(スポーツアービトラアージ)と言い、難易度は高いものの一時期までは有効な投資法でした。 あらゆるスポーツに用意される賭け方の一つ。勝敗予想の変速型で、実力差にあわせてハンデが与えられた2択の賭け。よって2way Handicap(ツーウェイハンデ)とも言われます。サッカーの場合、90分間の結果は本来ホームが勝つか、ドローか、アウェイが勝つかの3択ですが、アジアンハンデは0。

クラップス‐ルールや戦略、マナーを徹底解説

Tour 3 30 50.

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*