2020年: 日本版IR決断の時

リゾート参入方針グランカジノ - 923582

PAGCORがマニラのカジノ営業再開のための請願書提出を明かす   フィリピンのゲーミング規制機関であるPAGCORは、先月営業再開への請願書を提出し、現在は全国のランドベースゲーミング営業を再開するのため、新型コロナウイルス対策で設置された省庁間タスクフォース IATF からの承認を待っていると話す。   Inside Asian Gamingは、新型コロナウイルスによる規制が、フィリピン首都圏で月曜、強化されたコミュニティ隔離 Enhanced Community Quarantine:ECQ から、一般的なコミュニティ隔離 General Community Quarantine:GCQ 措置に引き下げられたことを受けて、PAGCORに対して、カジノおよび統合型リゾートの営業再開の許可がいつになるか関する具体的な見通しがあるのか質問し、同規制機関は、すでに事業者たちが従うと合意している提案中の安全ガイドラインのリストを含め、そのような要請をすでに行なっていると明かした。

第3部:: 他の候補事業者の紹介

ウィンは自分達はゴリラ 第2部を参照 だと主張し得るだろう。同社をティア2に分類するのはもしかすると少しフェアではないかもしれない。しかしおそらく巨大ゴリラよりもサイズ感は少し小さい。その1つ上の高級感がプレイヤーに大好評のウィンブランドは、業界内でも同じく大好評かというとそうではなく、実際、時価総額に関しても一つ上のレベルに達することはなかった。創業者であるスティーブ・ウィン氏の時代はその数字は常に10桁台で、ティア1にいる彼のライバル達はといえば11桁に到達していた。ウィンは、世間に対して「統合型リゾートを発明した」と言いたがるが、我々はもう今世紀に入って20年目に突入している。ミラージュのオープンははるか昔のことだ。 ウィン・リゾーツ日本法人のクリス・ゴードン社長は身を粉にして働いており、成功するには6つのことをしなければならない。1つ目は、過去の 数々の スキャンダルから気持ちを切り替え、本当に心を入れ替えたことを証明すること。2つ目は、ウィンが、ルーフラインが丸みを帯び、くねくね曲がった文字で施設名が書かれ、赤の花柄のカーペットが敷かれた他と同じゴールデンブラウンの建物以外を建てられると示すことだ。3つ目は、ウィンが日本のコンソーシアムで、もしかすると株式持分が少数になる可能性があっても上手くやっていけると示すこと。4つ目は、非常にアメリカ的な同社が日本のビジネス慣習や政府の文化の細かいニュアンスと、きめ細かく交渉できることを示すこと。5つ目は、非常に大きな資本がいる事業になるであろうもののために必要な資金調達方法を見つけること。そして最後に、彼が上記の1から5までのポイントを伝えるための本物の意見発信およびコミュニケーション戦略を構築できると示すこと。

メインカテゴリナビゲーション

ラッシュ・ストリート は、億万長者として知られる不動産開発者 ニール・ブルーム と金融業界で著名な グレッグ・カーリン の共同経営によって設立された。立ち上げは半ば。 米ラスベガスに本社を置く MGMリゾーツ・インターナショナル は、ベラージオ、MGMコタイ、マンダレイ・ベイなど、世界に27以上のカジノホテルをもつカジノリゾート運営会社。 カーク・カーコリアンが年に創業してから十数年たった年5月にて、MGMグランドとミラージュ・リゾーツが合併し、現在はCEO ジェームス・J。 ムーレン を筆頭に、質の高いホスピタリティとエンターテイメント性で世界を代表するIR企業へと成長した。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*