カジノ ビジネスモデル 赤字

結果発表抽選会カジノリゾート参入方針 - 509613

横浜市が8月22日に公表した最新資料「IRの実現に向けて」(市政策局の ニュースリリース より)。

興味のあるストーリーが見つかりましたか?

先週(年)2月14日(金)に 港北公会堂 で開かれた カジノを含んだ統合型リゾート 「 IR (アイ・アール=Integrated Resort=インテグレーテッド・リゾート)」の 市民説明会 における、横浜市側の説明内容や質疑応答、会場内での発言内容を テキスト化 したものを2回に分けて掲載します。

カジノ事業者と政府関係者“接触ルール”策定検討へ(20/01/23)

日経IRフォーラム大阪 松井&吉村氏「秋からRFP来春に業者決定 / IR&万博25年開業」

市内全区で林横浜市長が説明会  横浜市では、林市長がIR(カジノ)誘致は白紙として3期目の当選を果たしたにも拘らず、年8月に突然、民意を省みずカジノ誘致を発表。朝日新聞がその直後の9月、横浜市民を対象に実施した世論調査では、横浜へのIR誘致に「反対」が64%で、「賛成」が26%、他の世論調査でも、反対の声が大幅に上回っている。選挙の公約で林候補は、カジノ誘致について「市民の皆様、市議会の皆様の意見を踏まえたうえで方向性を決定」と述べていただけに、市民が怒るのは当然で、市内では、カジノの賛否を問う住民投票や、市長リコールの住民直接請求の運動が進められている。  いっぽう横浜市は、林市長自らが参加する市民へのIR説明会を、市内18の行政区ごとに昨年12月から今年2月にかけて順次開催中である(12月は、中区を皮切りに神奈川区、西区、金沢区、鶴見区、磯子区で開催され、1月は南区、旭区、保土ケ谷区、港南区、その他の区は2月に実施予定)。  私は、昨年末の12月26日に開催された、6番目の磯子区の説明会に参加した。会場の磯子公会堂前に着くと、IR誘致反対の市民が宣伝活動をしていた。ちょうどIR収賄事件で自民党の秋元衆議院議員が逮捕された直後だったので、テレビ取材陣の姿も見られ、ちょっと緊張した雰囲気だった。以下はその体験記である。

各地IRイベント 協賛・登壇企業(2019年開催分)

政府:国土交通省 基本方針 11月素案公表, パブコメ, 年度内決定を想定~産経。 なお、6月4日、大阪府市IR推進局は、「(仮称)大阪・夢洲地区特定複合観光施設設置運営事業の事業コンセプト募集」(Request for Concept, RFC)」の参加登録結果を公表した。参加登録者数は以下の7者(五十音順)であった。 — ウィン・リゾーツ・リミテッド — MGMリゾーツ・インターナショナル/オリックス株式会社 — ゲンティン・シンガポール・リミテッド — メルコリゾーツ&エンターテインメント リミテッド — ラスベガス・サンズ・コーポレーション — 2者は名称非公表を希望。 日本経済新聞社 統合型リゾートフォーラム大阪」(8月8日開催)HP。 日本経済新聞社のIRセミナーは、年11月21日の東京に続く開催となった。日本経済新聞社が、北海道をIR誘致レースの有力候補と見ている証左であろう。 また、集客実績は、北海道のIR熱気を示した。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*